ホーム健康診断センター健診 乳がん検診

センター健診人間ドック各種健康診断乳がん検診

乳がん検診

女性技師が撮影を担当、マンモグラフィで早期発見

乳がん検診

乳がんは年間約4万人が発症しており、近年さらに増える傾向にありますが、早く発見されるほど完治する率が高く、再発や転移も防げます。マンモグラフィはしこりなどの自覚症状が出る前の数ミリ単位の早期がんを発見することが可能です。
そのため、札幌市民や協会けんぽ加入者を対象とした「乳がん検診」では、いずれもマンモグラフィによるエックス線撮影と視触診とが義務づけられています。

マンモグラフィと検査内容

マンモグラフィ

マンモグラフィ マンモグラフィは乳房・乳腺専用のエックス線撮影装置です。乳房をプラスチック板で挟み込んで撮影し、微細ながんを発見します。年齢層によって撮影方向(枚数)が違います。
当院のマンモグラフィ撮影は女性放射線技師が担当しており、多くの受診者に好評です。また、撮影されたエックス線写真は医師が二重に読影を行い、これに経験豊富な医師による視触診を併用します。

乳腺エコー

乳腺エコー 問診・視触検及びマンモグラフィ(乳房エックス線)による検査のほかに、オプションで乳腺エコー(超音波)検査を受けることもできます。乳腺エコー検査は、乳腺活動の活発な比較的若い世代の方々にとってはマンモグラフィ以上に有効な検査です。乳腺エコー検査も女性臨床検査技師が担当します。

札幌市の乳がん検査

札幌市の「乳がん検査」は公費補助があるため、本人負担が少なくてすみます。
補助の対象となる受診者は、札幌市民で、がん発症のリスクが高いとされる40歳以上の偶数年齢の女性です(つまり受診は2年に1回です)。
しかし、30歳代でも乳がんを発症する方はいますので、しこりなど自覚症状がある場合はただちに検診を受けるか外来で受診してください。
なお、協会けんぽや多くの健保組合でも、それぞれ健診費用の補助があります。

対象者

札幌市民で40歳代の偶数年齢の女性(マンモグラフィ2方向撮影)

札幌市民で50歳以上の偶数年齢の女性(マンモグラフィ1方向撮影)

国保加入者でない方も受診できます。

検診費用(本人負担)

40歳代の偶数年齢の方/1,800円

50歳以上の偶数年齢の方/1,400円

乳腺エコー検査(オプション)/一律3,400円

上記以外の方は札幌市からの公費補助はなく全額自費となります。

受診される方は年齢を証明できる健康保険証や運転免許証等をご持参下さい。

お申し込み

インターネット申し込み


札幌緑愛病院

札幌緑愛病院

〒004-0861 札幌市清田区北野1条1丁目6-30 TEL(代)011-883-0121 FAX:011-883-7261

このページの先頭へ

受付時間:[平日]8:30〜11:30/13:00〜16:30[土曜日]8:30〜11:30 休診日:日曜日・祝日

札幌緑愛病院

コピーライト